14. jul, 2014

Sendesaal-Bremen

7月6日日曜日、リコーダーとのDuoコンサートでした。前日にドイツのブレーメン入りです。スウェーデンより暖かい!首から肩にかけて硬直していた筋肉が、じわじわと溶ける感じ。やっぱりコンサートは暖かいところでしなくっちゃと改めて体感しました。 聞くところによると、ブレーメンは寒い町らしく、一年のうち、2夜くらいしか、外での夕食を楽しめないんだとか。その2夜にちょうどやってきたらしい。なんとも!

町の雰囲気はのんびりとあたたかく、穏やかで、人々はにこやかでおおらかで・・・・

到着の前日、ドイツはワールドカップ4強入りですよ。そりゃみなさん嬉しいでしょうLer stort

最近テレビと新聞などから遠ざかっていた生活をしていたので、サッカーのことなんて全く意識しなかったけど、ハンブルグの空港を降りた瞬間から意識せざるを得ない。いたるところにサッカーグッズ!黄色と赤と黒の!

 

本番はとても楽しめました。すばらしいホールです。60年代に作られた、ホールが一緒になって音楽をかなでてくれるような。そしてホールのすばらしいチームワーク。脱帽。日本のステージと同様、意識の高さと自尊心と尊重と敬意がすごく伝わってくる。心のこもったプロデューサーチームにそして、すばらしいお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。

一番プレッシャーだったのはやはりバッハ。今回は本当に弾いていて楽しく、幸せを感じる瞬間が多々ありました。

 

あれ、今日ワールドカップのフィナーレ?今ちょうど放送しているらしい。みよう。