11. maj, 2015

花粉症パラダイス

大事に守ってきたつぼみ達。

一気に開いてうれしそう。

花粉症ですよ。まったくもって凄すぎます。やはり美しいものを堪能するにはそれなりに我慢せねばいけないことがあるんですね。ははは

旦那の演奏しているオペラ座のオケが、無料コンサートを開いたので、子供達連れて行ってきました。曲目はストラビンスキーの春の祭典。最後までたのしく静かに聴いてくれました。

写真の頭につけているカメラ。。。これでフィルムを撮っています。出来上がりがたのしみです。

 オペラ座でのバレエ・ドンキホーテの練習が始まりました。やっぱりたのしい。今回のセットは大きいです。グロッケンと鈴だけだったマーラーとはわけが違います。とにかく2時間半叩きっぱなしです。

まえにもかきましたが、日本大使館と民族博物館共催のコンサートが5月31日(日にちが変更になりました)に行われ、ありがたいことに演奏させていただく機会をいただきました。

 教えている学校は卒業演奏会のシーズンです。今年は打楽器生8人卒業します。そのうちの3人は大学院に進むので実質は5人いなくなります。ようやく、というのをさみしいというのとなんだか複雑な気持ちになりますが、基本はとても嬉しいです。これで数年は連絡取ってこなくなる子は、ここで一生懸命頑張った子たちです。毎日練習して、コンサートをこなして、芸術性を高めて、そしてほとんどの子が社会に放り投げられます。演奏家の場合、それがほとんどです。就職なんてまずあり得ない。ほんとうにこれからがんばってほしいし、陰ながら応援したいとおもいます。

日本は季節の変わり目。みなさんお身体をお大事に!